中国カルチャー観察:「お祭り編2」

500年の歴史を持つ海洋祭り開催、3万人の観光客を魅了—山東省即墨 – http://sp.recordchina.co.jp/news.jsp?id=59699 この祭りは漁師の無事や豊漁を祈願したことに由 [...]

Posted in: Architecture by 万谷 健志 No Comments

「完コピ」

「デザインは身体能力」に続き: 先だってプランのトレースをスタッフのみんなに勧めました。それは何段階かの作業に分かれるんですが、その最終段階は空でそのプランを紙に描けるようになることです。トレペをひいてなぞるのではなく。 [...]

Posted in: Architecture by 万谷 健志 1 Comment

中国カルチャー観察:「お祭り」編

今週久しぶりに生まれ故郷の小倉の土を踏みます。中学生のころ太鼓を叩いた小倉祇園まつりをなぜかふと思い出しました。 日本ではそれぞれの土地にある「お祭り」ですが、考えてみると、中国でそれに似たものを目にしたことがありません [...]

Posted in: Architecture by 万谷 健志 No Comments

デザインとデザインディベロッップメント(2)

ひとつには、技術知識の不足です。「デザインディベロップメント」というのは、ぼんやりとしたアイデアをどんどん現実的な方へ近づけていく作業ですから、その中心にあるのは、「リアル」に対する強い興味、「実現させること」に興奮する [...]

Posted in: Architecture by 万谷 健志 1 Comment

デザインとデザインディベロッップメント(1)

学校を出て仕事としてデザインをやり始めると、「デザインディベロップメント」という作業を求められることが出てきます。デザインはアイデアが生まれてから実施提案として完成するまでにたくさんのインプットを繰り返して徐々に深く洗練 [...]

Posted in: Architecture by 万谷 健志 No Comments

北九州三大学合同展覧会

24日に開催される講評会に参加させていただきます。北九州は高校卒業まで過ごした場所なので楽しみです。学生作品を見るのも久しぶりで、きっと時代の流れに戸惑ったりするでしょう。でもそれも結構楽しみです。 —————————— [...]

Posted in: Architecture by 万谷 健志 No Comments

知っておきたい優秀なデザイナーの特徴

これまで出会ったデザイナーの人たちには実に色んなタイプがいました。ただ、私が発見した優秀なデザイナーに共通する特徴は、「好き嫌いがはっきりしていること」です。ワガママということじゃありません。「身の回りのほとんどの物事に [...]

Posted in: Architecture by 万谷 健志 No Comments

デザイナーによるデザインの鍛え方 アーキテクト論(5)

ドラムの坂東慧(27)はこの世代では国内屈指の実力派ドラマーですが、毎日八時間、クロックにあわせて「タン、タン、タン」とスネアをたたき続けるたけの単調なエクササイズを欠かさないそうです。 それとは関係ないですが、スティー [...]

Posted in: Architecture by 万谷 健志 2 Comments

Weekend life 音楽編

私の最高の週末は自宅で大好きなフュージョン系の曲に合わせてカラオケをすること。ただしボーカルはありません。やるのはサックスとウインドシンセサイザ。ウインドシンセサイザというのは、簡単にいえば電気サックスですね。はい、T- [...]

Posted in: Architecture by 万谷 健志 No Comments

上海で働く意味

在上海工作的意义 对于日本的建筑设计师来说,在中国工作的意义是什么呢? 我来中国已有15年了,开始的时候一直得不到别人的理解。大学的后辈们常常问我“如果是美国或是欧洲的话还能想象,但为什么是中国呢,在中国能干什么?” 当 [...]

Posted in: Architecture by 万谷 健志 1 Comment